• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
Carp/HAWKS観戦画像ブログ
とくに若手投手陣を全力で応援しています
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
CATEGORY : キャンプ
2014-03-06-Thu
柵の向こうまで / 東光寺キャンプ2
Trackback 0  Comment 4
春キャンプで新鮮だなあと感じた練習のひとつがバッティング練習です。
東光寺のサブグラウンドの端に投手陣が並んでバットを振ります。反対側にあるフェンスに当たる、もしくはフェンスを越えればバッテング練習のノルマが減るというルールだったようです。投手陣のバッティング練習といえば、バントはよく見る機会がありましたが、遠くに飛ばす練習はあまり見ることがなかったので、かなり真剣に見てしまいました。

IMG_9533.jpg

遠くに飛ばすために、ちょっとアッパースイングぎみ。

IMG_9587.jpg

そうそう、もちろんボールを出したりバットを持っていったりの準備は自分たちでします。一軍さんのときは割と用意されていることが多かったようにも思うので、これは二軍の性質なのかなあと思ったり。ボールの入ったかごを倉庫から運ぶのですが、何往復もしなくていいように、みんなで連なって運んでいる姿がとてもかわいらしかったです。小さいときによくやった電車ごっこみたい。一番効率のいいやりかたなようです。

IMG_9832.jpg
IMG_9874.jpg

最初は、今年から支給されたパーカーを着て頑張っていた恭平さんですが、途中で暑くなったのかバットが振りにくかったのか、脱いでしまいます。わたしは結構このパーカー姿が気に入っているのですが、本人もかなりの高確率で着ているのでお気に入りなようですね。

動画も撮ったのでひとつ貼っておきます。



動画の中で、サブグラにいた松山さんにバッティングのコツを聞いているのは勇人コーチ。
松山さんは「ヘッドを使ってください」とさらっといいますが、なかなか難しいようです。

IMG_9606.jpg


ひときわにぎやかな声は梅津さんです。動画に写ってはいませんが、投手陣にいじられているのは齊藤さん。齊藤さんの「ライナー」のイントネーションが少しおかしくて、みんなに「やりにくいわ!」とやじられると「すみません福井県人なんで!!」とすかさず謝っていました。広島に来て長いのに、相変わらず訛りの抜けない齊藤さん。きょんをメインにとっていた動画なのに、おいしいところを全部持っていくあたり流石です。

IMG_9561.jpg

向こう側に見えるフェンスにボールがあたって喜ぶ恭平さんがかわいい。
ペアになってトスをしてあげるのですが、これも慣れなんでしょう。ルーキーの中村くんなんかはまだまだトスに慣れていないみたいで、もう少し上のほうがいいなどと注文をつけられていました。自分があまりバッティング練習をしない投手陣はトスの感じも人それぞれ。篠田さんはトスで投げる球がちょっと速めで、打っていた梅津さんに「怖え!」といわれていました。きょんもトスをしながらこの笑顔。

IMG_9591.jpg
IMG_9632.jpg

途中でサブにやってきた下水流くんにバッティングを見せてもらおうということになりました。野手のバッティングはやっぱり投手のそれとは比べ物にならない。投手陣が必死になって当てようとしていたフェンスを、軽いスイングでゆうゆうと越えていきます。柵越え連発に沸く投手陣。篠田さんなんて拍手までしちゃいます。

投手陣のなかでも齊藤さんは野手並みのバッティングを見せました。流石、昨シーズンにホームランを打っただけあります。バッティングでなにかを掴んだらしい彼は他の投手陣に「ピッチング掴めよ」とごもっともなことを言われつつも、ほめられてご満悦。

IMG_9854_201403052353598d6.jpg

このバッティング練習は体幹の目的もあるのかなあと思ってみたりもしましたが、メニューについてはやっぱり素人のうかがい知れないことがたくさんです。個人的にはこのメニューは何のためのものだっていう講座をトレーナーさんに開いてほしいレベル。とりあえず、楽しそうに練習する姿が見れてわたしもとても楽しかったです。

 わるい時がすぎれば、よい時は必ず来る。
 おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るを待つ。
 あせらずあわてず、静かに時の来るを待つ。
 時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。

IMG_9880.jpg

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
スポンサーサイト
CATEGORY : 中村恭平
2014-03-03-Mon
倒れるたびに / 東光寺キャンプ1
Trackback 0  Comment 0
個人的に、東光寺でのキャンプは初めてでした。それはきょんが入団してから、ずっと一軍キャンプだったからです。わたしはカープファン歴=恭平さんのプロ年数なのでまだまだ球団に関しては知らないことばかり。この春はカープの二軍キャンプのことが新たに知れて、その点ではとても有意義でした。

天福球場はかなりの人でごった返していたと一軍キャンプを見に行っていた友人に聞きました。大瀬良くん効果は本当にすごいですね!ドラ一はもちろん話題になるのでしょうが、なにより“くじを引き当てて獲得したドラ一”ですから、またフィーバーぶりも違うのでしょう。
そのことを考えると、東光寺はとてものんびりとした時間が流れていました。選手たちもリラックスした様子で練習に励んでいましたし、とてもファンの方の数も少ない。それはそれで少しさみしい気もするんですけどね。

IMG_8629.jpg

毎日のように笑顔が見れました。

このキャンプでは、ブルペンでの投球を見ているときが一番緊張しました。幹英コーチがつきっきりで見守ってくれていて。きょんはこの春、フォーム固めに頑張っていたようです。リリースポイントがブレないようにすること、腕を使って投げるのではなく下半身を使って投げることなど、他にもほんとうにたくさんのことを指導されていました。そのなかでも一番印象的だった言葉は「お前が力を伝えて投げられるなら、何球かの失投はかまわん」という幹英コーチの言葉。
きょんは完璧主義なところも少しあるみたいで、一球でも失投があると気になってしまうようです。内田監督にも「ポジティブに!」と言われていましたし・・・そのあたりは気持ちの切り替え方になるんですかね。

IMG_8841.jpg
IMG_7976.jpg

室内では澤崎コーチと一緒にスナップスローの練習に励んだり。
ガラス越しなのでちょっと不思議な写りの写真になってしまいましたが。

午後からは大爆笑の体幹トレーニング、投手陣みんながみんな大爆笑でした。体幹トレーニングは得手不得手が見ていて明白です。ベテラン陣はなかなかお上手な印象。わたしが一番上手くこなすと思っているのは横竜さんですが、今回見た中では河内さんも負けてなかった。恭平さんは、まあ、あんまり上手くはない部類です。

IMG_9070.jpg
IMG_9098.jpg

縄を回すトレーニングなのに、縄に体を回されてしまっている人もいたりして。
(名誉のためにいっておきますが、恭平さんはこのトレーニングお上手でしたよ!)

IMG_9022.jpg

篠田さんも大爆笑で、もう楽しくて楽しくてしようがない投手陣。もちろんしっかり練習もしています、これだけみると遊んでばっかりな気もしますが。「練習は厳しく、試合は楽しく」と「練習は楽しく、試合は厳しく」、どちらがいいんでしょうね。わたしは後者派ではありますがどちらのスタンスの人もいらっしゃるようで。そういえば「練習も、試合も楽しく」って方がホークスにいたなあと懐かしい気持ちになりました。

IMG_8113.jpg

最後はランニング、それから強化練習という名の居残り練習。
きょんは強化練習で新しい球種を練習していたようでした。本人曰く「練習中です」って。でもフォームのことであったり体のことであったり、いろいろなことが重なって結局その球種をものにする前に三軍になってしまいました。ちょっとだけ、あの球種の完成形を見てみたかったなあとも思うのですが・・・。

IMG_8201_20140301110403dca.jpg

一番必要なのは決して倒れない身体ではない。
倒れるたびに起き上がることのできる精神力だ。
焦らず急がずゆっくりと、万全の状態の恭平さんを、ずっとずっと待っています。

IMG_9401.jpg

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
CATEGORY : 中村恭平
2014-03-01-Sat
いっぱいのえがおで / 由宇キャンプ
Trackback 0  Comment 4
新年のご挨拶もろくにせずにすみません。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

気が付けば三月になってしまっていました。行く逃げる去るとはよくいったもので、本当にあっという間、行かれて逃げられたなあという印象があります。きっとこの三月もあっという間に去られるんでしょうね。去ってしまうころには待ちに待った開幕がやってくるわけですが、その前までになんとか、このオフのことを書いておきたいと思う次第です。昨年も結局オフのイベントやキャンプのことをかけないままになってしまったので・・・今年は頑張りたい!

昨年の秋キャンプに関しても書いておきたいことはあるのですが、とりあえず近いものから片づけていこうと思います。今日は春キャンプ初日のことをまったりと思い出しながら書いていきますね。

IMG_5854.jpg

今年の春キャンプは二軍からのスタートでした。いまは一軍に合流している篠田さんも、最初は二軍スタートだったんですよね。個人的にいわせてもらえばありがたいことにいままでわたしは二軍キャンプに行ったことがなくて、今回もいつものように一軍だろうと高をくくっていたんです。だからこそ、ご贔屓選手の二軍スタートに最初は驚倒しそうになりました。でも実際行ってみれば、一軍のときよりもリラックスして、マイペースに調整できているんじゃないかなと、素人ながら感じました。

キャッチボールのお相手はルーキーの中村くん、初日からたくさんお話をしている姿を見ました。

IMG_6017.jpg

どちらかといえば(今村戸田をはじめとする)後輩たちにあまり先輩と思われていないような扱いの恭平さん。そんな彼が握りを教えたり、キャッチボールで声をかけたり、とても先輩らしい姿を見せていてほほえましい気持ちになったりして。でもやっぱり先輩方にかこまれてニコニコしている姿がいちばん“らしい”なあと思います(笑)

IMG_6211_20140301053854488.jpg
IMG_6544.jpg

自主トレは沖縄で行ったようでした。わたしもホークスの内川自主トレと、佐伯での廣瀬自主トレの見学に行かせていただきましたが、やっぱりユニフォーム姿が見れるのがいちばん嬉しい。自主トレ時期はユニフォームを着てはいけないんだとわかってはいても、うずうずするものです。
だからこそこの姿を見ると、球春が到来したんだなあって実感しますよね。

IMG_6519_201403010544109b7.jpg

初日からブルペンにも入りました。

IMG_6466.jpg

ブルペン、かなり写真を撮ったつもりでしたが、自分の中で納得のいく写真は一枚もありませんでした。それはわたしの腕も然りですが、彼自身の調子も納得のいくものではなさそうで。初日ですが周りの投手たちはかなりしっかりと投げ込んでいる様子でしたので、勝手にやきもきしていました。まだ始まったばっかり、シーズンに納得の表情をしてくれればそれでいいかなと思っていたのですが・・・キャンプの終わったいま、彼は万全の状態ではない。思うことはいろいろありますが、まずはゆっくり焦らずに、調整してほしいと思います。

午後からは、由宇のメイン球場をつかってのゴロノック練習でした。

IMG_6693.jpg
IMG_6782_2014030105441328e.jpg

爆笑あり、野次あり、とってもにぎやか。
篠田さんがあまりお上手ではなくて一番やじられていましたよ。
きょんもこの笑顔。

IMG_6761_20140301054412bc2.jpg
IMG_6913_20140301054416813.jpg

左腕ズの笑顔を見ながら思うことは、やっぱり小言のようになってしまって自己嫌悪してしまいます。のびのびと頑張っている姿は見ていて喜ばしいことですが、二月一日に由宇にいるつもりのなかった身としては、やっぱりもやもやは晴れません。どの顔も、二軍にいていい顔ではない。こればっかりは難しいですね。

IMG_6968_2014030105430147a.jpg

最後はランニング、インターバル走でした。由宇のメイン球場の周りをぐるぐるとまわるコースです。ファンのいる場所をまわるので選手は気まずいんじゃないかなあと思ったりして。ファンの方から「がんばれ」という声援をうけながら頑張ります。

IMG_7272_201403010544177b5.jpg

インターバル走なので、走る歩く走る・・・と交互に繰り返していきます。そんな歩いているときに、恭平さん、武内さんの腕をつかんでひとこと。「ねえ、待って」武内さんに「マラソン選手が他の選手待ったりしないだろ」とぶった切られると、おもむろに武内さんの服を掴んではなしません。で、結局こんな感じになりました。

IMG_7231.jpg

息も絶え絶えに頑張っていました。楽しそうな、充実している表情を見て、一軍であろうと二軍であろうと開幕までに調整できればいいのかなあと考えを改めさせられた一か月でした。
わたしがここまで二軍スタートに過剰反応していたのは、二軍スタートをさせられるような要因が、恭平くんにあるのだと思っていたからです。わたしは彼に関してかなりの贔屓目ですので(苦笑)、ポテンシャル的には一軍にいてあたりまえだと思っています。怪我をしているとか、調子が目も当てられないぐらい悪いとか、そういう重大な要因があるんだと思っていたから大騒ぎしていたんです。
でもそういうことではなかった。それをよかったと安堵すると同時に、多少の焦りももちろん感じましたけれど、シーズン中にチームに貢献してくれるのであれば、キャンプは一軍でも二軍でも構わないですよね。

腕を振る姿、ボールを追いかける姿、必死で走る姿。
がんばる姿を、今年も応援させてください。

IMG_7302.jpg

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。