• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
Carp/HAWKS観戦画像ブログ
とくに若手投手陣を全力で応援しています
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
CATEGORY : 中村恭平
2014-06-19-Thu
信じる / 雁ノ巣公式戦
Trackback 0  Comment 0
実は交流戦の東北楽天戦は、現地に行っておりました。観戦のお誘いを受けたので、思い切って仙台まで行ってきたのですが、そういうときに限って恭平さんが由宇で投げるという!このときはローテを守らせてもらえるところまできていると思っていなかったので、まさか登板するとは予想もしていなくて、うれしいような残念なような不思議な気持ちでした(苦笑)
由宇での登板は見ることは叶いませんでしたが、次の週は雁ノ巣だったので、中五日で登板した恭平さんを見にいくことができました。その二週分の結果をまとめて載せておきます。

IMG_9964.jpg
IMG_9993.jpg

6月1日(日) 広島 2-8 オリックス(ウエスタン・リーグ)
オリックス 0 0 0 0 0 3 0 4 1 - 8
広   島 0 0 0 0 1 0 1 0 0 - 2

      投球回  打者  球数  安打  三振  四死  自責
中村(恭)    6   24   80   7    2    1    3

MAX145km 平均140km
初回、連打で無死1,2塁とされるが、ダブルプレーに竹原をショートゴロに打ち取り無失点に抑える。2回以降、低目を丁寧に突いた投球を見せ5回まで無失点に抑える。しかし6回、1死から内野安打、センター前ヒット、死球で1死満塁から中村に2点タイムリー打たれる。更に犠飛で1点を失い、6回を投げ3失点。5回までは丁寧に投げていたが、6回から急に球が浮きだした。

6月7日(土) 広島 2-8 ソフトバンク(ウエスタン・リーグ)
広    島 0 2 1 1 0 0 0 0 0 - 4
ソフトバンク 2 0 1 0 0 1 0 0 0 - 4

      投球回  打者  球数  安打  三振  四死  自責
中村(恭)    6   30   100   9    2    3    4

MAX144km  平均140km
初回、先頭の福田に四球を出すと、李杜軒にライト前ヒットを打たれ1,3塁。猪本にセンターオーバーのタイムリーツーベースを打たれ1点を先制される。更に四球を出し、満塁から塚田にライト前へタイムリーを打たれ2点目を失う。3回には天谷の拙い守備で1点を失い、6回も高橋の拙い守備で1点を失い6回を投げ4失点。また立ち上がりに探りながら入ってしまった。しかし2点を失ってから無死満塁をしっかり抑え、試合を壊さなかった。今日は決して良くなかったが、悪いなりに粘り強く投げたと思う。この粘りが中村(恭)には大事になる。少しだが精神的に強くなってきていると思う。


IMG_0069.jpg

オリックス戦では、前回の石川でわたしが心配していた球速の遅さが改善されていました。心配をあざ笑うかのごとくマックス145km/h。見に行っていた友人が5回まではよかったのに、と言っていましたがその通り突然6回に崩れてしまったようです。5回を投げ終えたあと、ブルペンでキャッチボールしながらぶつぶつ「代打出るのかな」と自分の打席のことを気にしていたそうなので、個人的には彼は6イニング目を投げる気がなかったんじゃないのかなと思っています。集中力が5回で切れてしまっていたから6回で崩れてしまったんじゃないかと。
雁ノ巣での登板は変化球の制球に苦しみました。球速は相変わらずだいぶ戻してきたなという印象でしたが、立ち上がりが恐る恐るという感じで見てるこちらが怖かったです。それがよくなかったんでしょうね、石川での制球の良さはどこに行ってしまったんだろうというぐらい、立ち上がりは荒れに荒れていました。

IMG_0485.jpg
IMG_0297.jpg

それでも恭平さんの成長した点は、ずるずると崩れなくなったところ。一回の失投を引きずって、気にして、一人相撲をとっていた彼はもういません。しっかりと気持ちを切り替えて、回ごとに修正できるようになりました。

IMG_0047.jpg

今年のことですが、きょんが実戦で投げさせてもらえるようになったころに、幹英コーチに「高さが甘いと振る力のある相手には分が悪い」と言われていたことがありました。昔は高さが甘かろうがコントロールが悪かろうが、どうであろうと三振がとれていたように思うのです。勢いの質が違ったように思うのです。でも結局はポテンシャルだけではどうにもならないわけで、これから勝っていくために、一軍で通用していくために、と考えると勢いだけに拘泥するのはナンセンスなんでしょう。その勢いを以てしても昨年、二勝目をあげることができなかったんですから、もちろん何かを変えなくてはいけないんです。きょんがしきりに言われていたメンタル面の変化。そこが少しずつ変わってきたというのはファンとしてとても嬉しいことです。

IMG_0328.jpg
IMG_0570_201406182045334df.jpg

守備にも助けられましたが、この日は足を引っ張られたことの方が多かったですね。公式サイトのレポートには「天谷の拙守」と「高橋の拙守」と書かれていましたが、個人的に一番あり得なかったのは庄司のトンネル。いつになったら成長するんだと、きょんも割といわれている方ですが、庄司に関してわたしは最近そう思うことが多いのです。打撃は素人目でも成長したなあと思うことがたびたびあります。ぼんやりとしたルーキーイヤーの記憶ではあるのですが(わたしはまだホークスファンで、雁ノ巣で敵チームとしてカープをみていました)、あのころと比べると格段に違う。ただ、守備はそんなにかわってないような気がするんですよねえ。恭平さんも人のこと言えないのかもしれませんが、まあ、そこは贔屓目なので勘弁ください(笑)

引き分けの際でもビジター側は「引き分けに持ち込んだ」「よく抑えた」という意味合いでハイタッチをしますが、そのときに見れた笑顔で本人の充実感といいますか、ああ今回の登板は納得いくものだったんだなあと感じることができました。勝った試合ならまだしも、さすがに引き分けて且つ納得いかなかった日に、笑って出てこれるような人でもないので。

IMG_0787_2014061820460378e.jpg

一軍のローテをみると本当にルーキーにがんばってもらっているなあと頭があがりません。相変わらず右腕ばっかり。たしかに期待をされながら今現在一軍の戦力になれていない、そんな彼の罪は重いといわれても仕方がないことなのかもしれません。でも、足踏みしているわけではないんです。三歩すすんで二歩下がっていることもあるかもしれませんが、確実に確実に前進しているとわたしは信じています。

IMG_0592.jpg

スポンサーサイト
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

Comments
Thanks a lot!

管理者にだけ表示を許可する
 

Track backs

Thanks a lot!
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。