• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
Carp/HAWKS観戦画像ブログ
とくに若手投手陣を全力で応援しています
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
CATEGORY : 中村恭平
2013-06-15-Sat
あめおとこ / 由宇公式戦
Trackback 0  Comment 4
先週末、久しぶりに由宇に行ってきました。
なんどかもらったチャンスを活かせず、きょんは由宇に帰ってきてしまいました。お恥ずかしい話、わたしは二軍に落とされる直前まで、まさか降格になるとは思っていなかったんです。まえけんが抹消されて、まだチャンスがあるだろうって、甘いことを考えていたんです。ファンが一番厳しくきょんのことをみていないといけなかったのに。ファンだからこそ贔屓目で、甘やかして見ることも必要だと思います。でもそれと同じくらい、ファンだからこそ厳しく見ることも大切なんですよねきっと。危機感、というか競争意識が足りませんでした。

IMG_0008.jpg

久しぶりに見たきょんは当たり前ですがあまり変わってはいませんでした(笑)
写真を見ての通り、雨です。春キャンプの登板予定だった紅白戦、必ずと言っていいほど雨に降られました。このぐらいの雨なら試合ができるなあってときにキャッチボールに出てきて、その瞬間豪雨を呼んだこともありました。去年のファームの登板日もたびたび雨に降られました。そんなこんなでわたしは、きょんのことを雨男だと思っています。まあわたしが雨女である可能性もありますけれども。

IMG_0383.jpg
IMG_0422.jpg

朝の時点でがんがん降っていまして、なかなかの濡れネズミです。

IMG_0637.jpg

この日は先発だったわけですが、前日の投手練習をみたところ先発調整をしていたのは戸田くんと武内さんときょん。そのときに次にいつ投げるのか、うっかりきょんに聞き損ねたわたしは消去法で戸田くんと武内さんに予定を聞いてみました。二人とも次のカードだということでしたので翌日の先発だろうなあと確信して。

IMG_0783.jpg
IMG_0773.jpg

そうそう、この日一緒にいたお友達がきょんの試合前の遠投にびっくりしていました。わたしはブルペンで投げている姿もマウンドで躍動している姿も好きですが、なにより遠投をしている姿が大好きです。普通のピッチャーより肩が強い恭平さん、由宇のライトからブルペン前までの距離を楽々と投げる姿がすごくかっこいい。むかしから長い距離の遠投ができる選手は球が速いっていいますよね。

IMG_0873_20130612200829.jpg

投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
4 1/3  27   82  12   1    2   7

投球内容はあまりよろしくありませんでした。きょんはブルペンでの表情から、あまり調子を読めない選手だと個人的には思っています。でもこの日は結構「やべえ」って顔をしていましたし、ブルペンでものすごい暴投をしていたので終始はらはらしながら見守っておりました。初回から失点、二回も三回も先頭打者に四球を出してから失点。五回にいたっては先頭から五連打を浴びて四失点。結局五回もたずに降板となりました。

IMG_1035.jpg

打つほうは内野安打ひとつ。ぼてぼてでしたが中日の守備がもたつく間に一塁を駆け抜けました。ここ最近、齊藤さんをはじめとする左腕の打率がいいんですよね。一軍での初勝利のときのバッティングフォームよりよくなっているような気もしますし、投げるほうはもちろん打つほうもそれなりになってくれるといいなと秘かに願っています。

IMG_1062.jpg
IMG_1089.jpg

先発の前日に、サブグラウンドにて澤崎さん幹英さんがきょんとお話をしていました。投球術、といいますか「どうしても内角を攻めることができない」ということに関してのお話だったようでした。だからこの日は、自分の課題克服に向けての登板だったのだと思っています。打たれた、打たれなかった、という目先の結果ではなくこれから先、一軍で勝っていくための試合なのだと思っています。五回の投球、(素人目には)振りが小さくなって見えました。そういうフォームに挑戦してみたのか、ただ単に縮こまってしまっただけなのか、結局は本人にしかわからないところですよね。雨の影響もあったと思いますが、たとえ七失点でもなにか掴めたのであればいいな、と。

先月末発売された建さんの本に、きょんのことが少しだけ書かれていました。
僕の背番号「22」を受け継いでくれたのが中村恭平。ブルペンで見た時には、かなりよく見えるのですが、試合になると一変してしまいます。中村恭の場合は、球速で言えば、ひどい時には5キロぐらいの差があるように見えます。ブルペンでの球が速いのは確かなのに、その非凡な力を試合で発揮できない。理由はいろいろあると思いますが、一番大きいのが経験不足。ケガをしない限り、どんどん実戦で投げて、成長していくしかないと思います。
建さんは度々きょんのことを気にかけてくれています。非凡な力を発揮するために、建さんの言う「いろいろな理由」をひとつひとつクリアしていってくれますように。

IMG_1221_20130612200838.jpg

「初勝利初ヒットおめでとう」と「先発頑張ってください」を前日に伝えました。先発の日の試合前には声なんてかけれません、かけれるわけがありません。まっさらなマウンドに上がることは、多大な神経と体力を使うことです。だから先発前の投手にサインを求めている人を見ると「やめてあげて」と思ってしまいます。これはわたしの個人的な意見なので良い悪いの問題でもないとは思いますけれど。
この日は盛大に打ち込まれた日でしたので、試合後は足早にバスに乗っていきました。ファンサービスは大切だと思いますがこういう日があってもいいとは思います。投手は切り替えも大事。大野までのバスでしっかり反省をして、あとは前を向いてくれればよいと思います。

IMG_0718.jpg

笑顔で日々精進。恭しく平らかに行きましょう。

スポンサーサイト
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

Comments
Thanks a lot!

管理者にだけ表示を許可する
 
Be | URL | 2013-06-16-Sun 01:15 [EDIT]
久々の更新、じっくり読ませていただきました。
他の人のブログを読んでるとそういう目線というか見方もあるんだなぁって思わされることがありますが、さやちゃんのブログもそんな印象ですね。
中には???っていう方もいらっしゃいますが・・・一筋に応援してる人のブログってよっぽど逸脱してない限り凄いなぁって感じますよ。
私の見えて無い部分の恭平くんの様子がよくわかってなんか良いですね。

一軍ではせっかくの翼くんとのバッテリーが残念な事になりましたが・・・これも一つの経験だと思っています。次にはホントにしっかりリベンジさせて欲しいですね。

さやちゃんは同じ選手を応援してる自分以外のファンを見て落ち込んだりヤキモチ焼いたりすることはないですか?
私は結構凹む事が多いんですよね。
自分に自信が無い…。
他の人から見ると随分幸せなファンのようだけど、他の人の応援する気持ちには敵わないって思ってしまうんです。特にその人のブログなどを読むとね。読まなきゃ良いのにね、気になっちゃう。

変なコメント書いてゴメンナサイね。
次の更新楽しみにしています!!
mido | URL | 2013-06-16-Sun 08:44 [EDIT]
お久しぶりですv-360
首をながーくして、待っていましたv-378
先日、ぷらぁ~と松江方面に出かけまして
立正大ショウ南高校に行ってみました。
(行かれたことありますか?)
森の中の学校ってかんじで、
門柱からは勝手に入るわけににはいかないので
練習グランドとか、校舎とか見ることは出来ませんでした。(残念・・・)
高校時代 自然一杯の中できょんぺいさん 野球に集中していたのかなぁ~と妄想して帰ってきましたv-352
Re: Beさん
さや | URL | 2013-06-16-Sun 20:02 [EDIT]
相変わらずの自己満ブログを読んでくださってありがとうございました。わたしはカープファンと名乗るには忍びないぐらい恭平さん重視で考えていますので、わたしの記事が癪に障る方はたくさんいるんだろうなと思いますよ(苦笑)でもいろんなファンがいますからしようがないですよね。わたしもいろんな方のブログを読んで、いろんな考え方にふれて、自分自身成長できているなあと思います。
一軍での、アツときょんのバッテリーもそうです。わたしはきょんのファンですから、きょんがまだまだ力不足経験不足であることをわかっているつもりです。だからこそ率直に「不安だ」と思ったんです。二人の同級生バッテリー大好きなんですけどね。アツにきょんを扱えるだろうかって。でもアツファンの人の中にはきっと「きょんと組まされて可哀想」って思っている人もいるだろうなと思いますよ。そういうのを見ると、なるほど、そういう考え方もあるんだなあって思います。面白いですよね。

わたしは自分以外のきょんファンをみてうらやましいなあって思うこと、あんまりないんです。自分のほかのきょんファンをあんまり知らないっていうのもあるんですけれど。いいなあ、うらやましいなあと思ったら、もやもやする前に行動してしまう。わたしもしよう、聞いてみよう、って。わたしこうみえて割とポジティブなんですよ(笑)
Re: タイトルなし
さや | URL | 2013-06-16-Sun 20:14 [EDIT]
待っていただいていたんですね、ありがとうございます。
のんびりまったりマイペース更新なので申し訳ないなあと思いつつ。

立正大淞南高校、わたしはまだいったことがないんです。
お知り合いに淞南高校卒の方がいらっしゃるのでお話を聞いたりすることがあるんですが、ものすごくのどかなところだそうですね。きょんも入団の際に「島根、岩手ときて広島なので都会に行けるなあという印象だった」と言っていましたのでものすごく田舎なのでしょう。いつか訪れてみたい地ではあります。

Track backs

Thanks a lot!
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。